高崎 洋平   Yohei Takasaki

ドラマー

ドラム講師

 

1978年生まれ。

千葉県八街市出身。

 

小学4年生の時、鼓笛隊に抜擢され太鼓に出会う。

その後、金管バンドに入部し、主に小太鼓を担当。

 

中学校では吹奏楽部に入部。打楽器全般を担当。

ドラムセットに初めて触れたのは中学2年生の時。

 

千葉県立成東高等学校に進学。

吹奏楽部に入部し、コンクールやアンサンブルコンテストに出演。

と同時に、ドラムセットの魅力に取りつかれ、バンド活動開始。

 

高校卒業後、東京ミュージック&メディアアーツ尚美プロミュージシャン学科に入学。

ドラムを本格的に学ぶ。山村牧人氏に師事。

学生時代は、管弦打楽器科のコンサート、作曲学科の制作のレコーディングや

コンサート、ミュージカル学科の公演等、様々なジャンルの音楽に触れる。

 

卒業後、劇団新芸術音楽班メンバーとして全国のコンサートホールでの公演や、

小中学校の鑑賞教室を行う。

フリーのドラマーとしての活動を開始する。

現在まで、様々なジャンルでの演奏活動を行っている。

 

主な活動経歴。

〈ジャズ&ラテンセッション〉

 ・赤松 敏弘氏(ジャズヴィブラフォン奏者)のセッションに参加。六本木PIT INNに

    出演。

 ・高野 正一氏(ハモンドオルガン奏者)とのユニット活動。

   リゾートホテルや結婚式、プラネタリウム等での演奏する傍ら、都内ライブハウスに

   多数出演。

 ・藤田 浩司氏(ドラム&ピアノ奏者)のバンドに参加。ラテンドラムを学ぶ。

   都内、県内のライブハウスを中心に活動。

   学校公演や、イベントのゲスト出演。

 ・Alvar Castillo(ピアノ)とのセッション活動。

 ・その他多数ミュージシャンと共演。

 

〈金管アンサンブル〉

 ・Brass Ensemble GAMBO

   専門学校時代の仲間と結成。

   金管5重奏+ドラムという編成で、ジャズ、ファンク、ラテン、ポップス等、様々な

   ジャンルの曲を演奏。

   都内、県内のライブハウス出演や、ホールでの公演。

   小中学校での鑑賞教室や、吹奏楽部との共演や講習も行う。

 ・オルジアブラスアンサンブル

   映画「スウィングガールズ」のバンドディレクター山口れお氏(トランペット奏者)が

  リーダーを務める金管アンサンブルにドラマーとして参加。映画の撮影地、山形で

   の公演や講習を行う。

  都内ホールでのコンサートに参加。

 ・エマーノンブラスクインテット

  高校時代の恩師でありテューバ奏者大塚哲也氏(現東京フィルハーモニー

  交響楽団)がメンバーを務める金管アンサンブルにゲストとして参加。

  都内ライブハウスに出演。

 

〈ミュージカル〉

 ・劇団nom'bミュージカル

  2002年 「リテイク」

  2003年 「はる-まき」

  2004年 「でんちゅうでゴザル!!」

  2005年 「マーライヤー」

  2008年 「行けぇ~イケウーメンタッパーズ」

 ・子供劇団セントラル

  2006年 「セントラルフェスタ2006」

 

〈その他〉

 ・琴城流大正琴千葉雅支部演奏会にサポートドラマーとして参加。

 ・船橋千人の音楽祭にゲストドラマーとして参加。

 ・ミュージシャンのリサイタルやコンサートのサポート演奏。

 ・演歌歌手の楽曲のレコーディング。

 ・プレイステーションゲーム音楽のレコーディング。

 ・地域の文化事業のコンサートやイベントに多数出演。

 ・様々なミュージシャンとのセッションライブ。

 ・吹奏楽やオーケストラのゲスト出演。

 ・2015年2月、外国人歌手、Gary Adkins、Moniqueと共演。

 ・2015年9月、したまちコメディ映画祭、声優口演に出演。

 

〈講師〉

 ・地元八街の音楽教室や、千葉県茂原市宮崎楽器などで、ドラム講師として子供

  から大人まで過去100名以上の生徒のレッスンを行う。

 ・保育園の園児へのドラムや打楽器を使ってのレッスン。

 ・中学校、高校の吹奏楽部の打楽器、ドラムの講師として、コンクールやコンテストの

   指導にもあたっている。